【おすすめ本】たのしいインフォグラフィック入門

  コンテンツ制作やプレゼンの資料など、データをビジュアル化する動きが大きくなってきていると感じています。今年に入ってから「インフォグラフィックス」は大変興味関心が高い分野です。編集能力を高めて自分で情報のデザインをし、今後活かしていきたい技術です。私のように一から関わりたいと思う方におすすめの一冊をご紹介します。

本の紹介の前に… 以前インフォグラフィックスについて書いた記事はこちらです。(インフォグラフィックスとは?などなど) インフォグラフィックスを勉強してマス。>>  

image1_20140818

出典:Why All Sale Signs Are Red: The Science of Color in Retail

 

3章仕立てで段階を追って学べます!

DSC_2279

たのしいインフォグラフィック入門」は大きく3セクションに分かれていて、それぞれのパートごとにわかりやすく流れに沿って説明がされています。さすがインフォグラフィックスの本…ということで、ビジュアル付きの解説がこれまたすばらしいです。   著者がまとめている3つというのがとてもおさまりがよいのです!

 

PART1…ピクトグラムを使ったインフォグラフィックス

PART2…グラフやフレームを使った図解によるインフォグラフィックス

PART3…1、2を基に、デザイン化したインフォグラフィックス

 

PART3まで行くと、今いろいろなところで公開されているようなイラストを用いたり、MAPを合わせたり、事例をもとにビジュアライズされた制作方法が学べます。    

 

情報をデザインするということ

本を読んで初めて知ったことは、インフォグラフィックスはデザインが優れているだけではダメだということ。情報を編集して、設計しなければならないという奥深さがわかりました。ピクトグラムで作るグラフィックにしても、パッと瞬時に見ただけで、読み手が理解できるような工夫が必要なのです。ピクトグラムもメッセージをつけて発信する場合に、どんなモチーフがふさわしいかなどもわかります。

全体的には「ストーリー」を決めて、読む人がどう読み進めるかなどを意識しなくてはなりません。その際の構成に必要なエッセンスも入っているので、なるほどという納得感がとてもありました。   「データ」といわれると小難しく構えてしまうのですが、楽しく理解してもらう工夫をもっともっとしていきたいです。忙しいことを言い訳にしてしまいますが、実践あるのみ。早く、ウェブ解析にも活かせる仕組みを作ります!   と、データを伝える技術を学ぶにふさわしい一冊でした。

 

※さいごに インフォグラフィックとインフォグラフィックスの混在について 個人的なブログの中では、複数形で表現しています。著書などはタイトル通りになりますので、インフォグラフィックとさせてもらっています。

 

それでは、ごきげんよう! みなさん、よいクリスマスを♪