Googleアナリティクスをお使いの方、12月ごろからリファラスパムに悩まされていませんか?私もいろいろ策を講じて、ようやく終息か…と思ったらそうではなかったみたいです(笑)。

 

1月12日ごろから少なくなってきたので、Google側が対策したのかななんて思ったら、今日新たなリファラが現れました。イタチゴッコな予感です。本当に困ったものです。

 

 

流行のリファラスパムとは?

最近、Googleアナリティクスのトラッキングコードを悪用し、Googleアナリティクスに謎なリファラ(参照元)を残します。アナリストは分析の課程で参照元を見に行くこともあるので、それを逆手にとってURLの痕跡を残しアクセスさせようとする手口です。

 

Googleアナリティクスレポート→集客→参照元/メディア
を見てみると

20150115_1

forum.topic50612511.darodar.com
ilovevitaly.co
priceg.com
blackhatworth.com
shopping.ilovevitaly.com
ilovevitaly.com
iedit.ilovevitaly.com

 

これらの痕跡が次から次へと増えてきました。これらはロシアや中国からのものになります。タチが悪いことに参照元をリンクするとショッピングサイトなどにリンクを転送させるんですよね。

20150115_4

参照元リンクをしたときの転送先イメージ

 

この「ウェブの実」はほとんど検索エンジンからの流入なので、このようなリファラはとても目に着くのです。

 

しかし、これらがとてもウザイのです(泣)

 

多い時には1日20件くらいのセッションがあるので、1~2件くらいなら許容しますが、訪問が多い他の企業サイトは閲覧時間や平均ページビューなどにも影響もあり、極力排除をしたくあれやこれやと対策をしているところです。

 

 

リファラースパム対策

以下は、リファラースパム用に対策した内容ですが、どれが有効なのか確信はありません。.htaccessで設定を入れてもアナリティクスのトラッキングのコードに何らかの仕掛けをするようなので、全部が全部防げるわけではありませんでした。Googleアナリティクス側での対策としては、、、

※googleアナリティクスで設定しているビューをまず複製してください!オリジナルデータを残すことをおすすめします。 

 

①ビュー設定

アナリティクス設定→ビュー設定
ボットのフィルタリングにチェックを入れる。

20150115_2

 

 

②フィルターの設定

アナリティクス設定→フィルタ

トラフィックの除外設定をします。

20150115_3
こちらの設定はすでにいろいろと書かれているサイトがありますので、ぜひそちらを参照してみてください。

 

参考:Removing Referral Spam from Google Analytics
   ※個人的にはこちらの英文サイトが参考になりました。

参考:Google Analyticsユーザーはdarodar.comのリファラスパムにご注意を

参考:【アクセス解析】リファラスパムについて対策を書いてみました

 

WordPressとそうでないサイトの比較、サーバーの違いで何か差があるのかもと、あっちではこれやってみたいなことをしていたら、だんだん収集つかなくなってきました。先にも書きましたが1月12日ごろから、通常に戻っていたようなので、もしかしてGoogle側が排除してくれていると思った矢先…

 

昨日の夕方ごろから
hulfingtonpost.com

 

というのが現れましたorz
引き続き、こちらの件は調査したいと思います。

リファラスパムを撲滅できる日が来ますように。

 

それでは、ごきげんよう。

 

———————————————-

2015.4.30追記

Googleアナリティクスのプロパティ設定を追加して計測する対策を試しています。

参照元スパム対策をしてわかったこと>>

 

2015.1.22追記

リファラスパム対策として、セグメントを使ってリファラスパムを排除してデータを閲覧する方法について書きました。

ゴーストリファラ対策~リファラスパムとつきあう方法~>>

 

2015.1.21追記

英語版サイトの情報も読み始めています。

これらのリファラスパムをゴーストリファラと呼んでいるようです。

本文中にも追記しましたが、

Removing Referral Spam from Google Analytics

の方が読んで納得でした。

 

また、1月18日時点で、リファラスパム対策としてgoogleアナリティクス閲覧時のセグメントの方法がアップされています。私も時間があるときに、読もうと思います。

Advanced Segment to Eliminate Spam Referrals