ユーモアあるサイトはSNSと連動すべし!

集客できるのはアメブロか自前ブログか?
2014年6月10日

ユーモアあるサイトはSNSと連動すべし!

 

WEBプランナー、ウェブ解析士という本業の傍ら、私も食品ネタでコミュニティを作りたいと思っている人であったりします。実は、ひそかに全日本パクチー協会の会長をしています(笑)地味に活動しているところです。パクチーに興味があれば、ぜひ、参加をお願いします(若干の宣伝)。さて、今日の本題はここから…

 

インパクトでサイトを作る!

最近、そんな私が感動したサイトはこちら。

夏の秘密結社フリーソーメン

freesomen

 

フリーメーソンに准えたパロディサイトですね。最近立ち上がったばかりなのに、Facebookのいいね!や、twitterのツイートも多くなっています。インパクトありますよね。そして、フリーメーソンのミステリアスな部分に反し、ソーメンという夏の風物詩。確かに表記も間違えそうで、うまいところをついているコンテンツです。実におもしろい!!!

 

話題性で急増するサイトは、降下も激しい。

このフリーソーメンがそうなるかというと、まだわかりませんが、何事もある程度の人にリーチが達してしまうと飽きられ、また次のおもしろいネタを探し、それを話題にしようとします。そう、一時は流行ってもすぐに古くなってしまうんですよね、まるで一発芸人のように…(彼らを悪く言っているわけではありませんよ)。そうならないために、興味を持ってもらっている間に、ユーザーとのコミュニケーション関係を築かなければなりません。一方通行のおもしろいだけでは、すぐに気持ちも離れてしまいます。継続はそれだけ大変なことだったりします。今は、よくも悪くもSNSが活用できる時代。うまく人とのつながりを大事にしながら、サイトを成長させたいですね。

今日のまとめは、ユーモアあるサイトはインパクトで心に惹きつける魅力があり、集客できたらSNSで情報発信、そしてユーザーとのコミュニケーション関係の構築、最低限これらを継続する必要があります。その中にはユーザーを飽きさせない新たなインパクトある企画も大事です。

 

私もフリーソーメンに入会しました。
こんな企画、私も作ってみたいです。
それでは、ごきげんよう。