WEBサイト公開時、絶対やるべきこと

 

WEBサイトをオープンする際に忘れずに設定してほしいことは、分析ツールの設定。とりあえずサイトを作ればいい思われがちですが、運用しながら課題を見つけ集客力を高めるサイトに育てあげることは大事なこと。そのため、有料の分析ツールを導入できない場合、無料で使える分析ツール「Googleアナリティクス」と「Googleウェブマスターツール」への登録について、絶対やるべき2大登録として書かせてもらいます。

 

【1】Googleアナリティクスの設定

googleanalytics

 

こちらは、ログイン用のアカウントを作成すると、アナリティクス設定にてホームページ用の新しいアカウントを取得できます(ホームページ用のアカウントは複数作成できます)。トラッキング情報からトラッキングコードが確認できますので、作成したサイトの各ページにコードが埋め込まれるように設定してください。

 

googleanalytics2

 

トラッキングコードについては、PHPや動的コンテンツの設定、Googleタグマネージャーも設定ができます。
Googleアナリティクスは、セッション数(訪問数)、ページビュー数、直帰率、離脱率など細かい情報がわかります。検索の流入キーワードもどのような言葉から来たのかもわかります。

これらの数字の変動を見ることで、次なるページの課題や改善点を見つけることができます。この指標が見えないと、誰かとディスカッションしたとしても、主観的な考えでの話し合いになるために、共感しにくかったり、理解を深めることができずに、漠然としてしまいます。ホームページを客観視するために「数値化」をしていくことが必要なのです。その「数値化」をするのがGoogleアナリティクスです。

 

 

【2】Googleウェブマスターツールの設定

googlewebmasters

 

このGoogleウェブマスターツールでは、検索結果にどれだけのページが登録されているか(インデックス数)の確認できたり、どれだけクリックされているかがわかります。Googleアナリティクスでは、一部「not provided」といった表示で検索の流入キーワードが取得できませんので、その補完ツールとして利用できます。キーワードごとでの表示回数もわかるので、どのキーワードで露出しているかということがわかるのも魅力の一つです。SEOを考えていく上でも、重要な役割を果たします。

 

 

【おまけ】検索エンジンへの登録

Googleやbingなど検索エンジンへのインデックス登録もお忘れなく!
特に、独自ドメインでの登録は、既存のドメインと比べて認識が高く、早い段階でインデックスしてくれます。

Googleのインデックス登録>>
(※ウェブマスターツールの登録が必要です)

 

ホームページ・WEBサイトは作ったらおしまいではありません。公開した瞬間から、次なる課題を見つけることが成功への近道です。集客を自然にできるようにしたくありませんか?「数値化」で得点を出すことで、作成したホームページの力量が見えるのも、とてもおもしろいですよ。成功へのステップに必要なのこと、たくさんありますが、ウェブ分析もそのうちのひとつです。

次回は、Googleアナリティクスやマスターツールとの連携に便利なWordpressのプラグインについてを書きます。

 

それでは、ごきげんよう。