コツコツ積み上げた小さな作業もWEB担当者の大きな功績に!

 

今年はいろいろなセミナーに参加して、たくさんの方のプレゼン見て勉強をさせてもらっています。そして、新しい情報や技術を吸収しています。今日は、京橋にある東京コンベンションホールで行われたイベント「ネットショップ担当者フォーラム2014、Web担当者Forumミーティング2014秋」に行ってきました。

 

 

小さいことの積み重ねが大事

ECの現場を離れて2年くらい経つのですが、現場に居たころよりも環境が大きく変わっていると改めて感じています。WEBはWEBでの売り上げを立てなければならなかったのが、オムニチャネル、マルチデバイスといった環境が浸透し、相互のシナジーを自社のビジネスにおいてどう最大化するのかがカギとなっています。

 

そんな環境の変化もありつつ、いろいろなセッションの中で出てくるキーワードは「PDCA」ということ。初級ウェブ解析士のテキストでも基本として出てくる内容です。今では当たり前のロジックとして浸透しているのが、すごいなぁと思います。予算をかけてどーんとインパクトある露出は、強烈な印象を与えることができるのかもしれませんが、それよりも小さいことを繰り返し続けていくことが重要だと改めて感じました。

 

(株)ペンシルさんのセッションで、100万円かけて1つの施策をするより、10万円を10個、1万円を100個やる方がいいみたいな例えでお話があったんですよね。大きなことはなかなか戻せないけど、小さなことは戻せますし、その判断もトライ&エラーで結果を出した上で導ければよいと私も思いました。Plan(計画)、Do(実行)、C(点検)、A(改善)の積み重ねがやっぱり成功に結び付く近道ですね。やっている間はなかなか成長が見えなくて、やりがいを見失うこともありますが、長い目で見たときは大きな成果になっています。WEBに携わるものとしては小さな努力も自信を持って実践していきたいです。

 

自己完結の再確認ですが…。

 

 

会場ではウェブ解析士のテキストをプレゼント!

book

 

明日も少しはあるのかな…!?会場内のブースでは初級ウェブ解析士のテキストを無料配布していました。バタバタしていたのでブースも立ち寄れませんでしたが、ウェブ解析士に興味がある方はこの機会をお見逃しなく(笑)ぜひ、テキストを手に入れてみてください。この1冊でウェブの一通りの概念が十分に学べます。

 

ちょうど参加していたセッションで、ご登壇されていた方がウェブ解析士のテキストを掲げて、この資格制度のことをご紹介してくださっていました。八楽(株)さんのセッションで、海外展開のECに興味があったのでお聞きしていたのですが、その途中で話があってちょっとうれしくなってしまいました。この八楽さんは、新サービスの翻訳ツールについてだったのですが、世界市場も視野にいれてのビジネス展開も当たり前になってくる日が近く、まだまだECは成長できる土俵であることに心が躍りました。といいながら、今はEC離れている私ですが…。

 

ネットショップ担当者フォーラム2014、Web担当者Forumミーティング2014秋は明日も開催です!明日も数々のセミナーから学べることがたくさんありますよ。ぜひ、会場に足を運んでみてください。
それでは、ごきげんよう。