WordPressのプラグイン導入だけで、GoogleアナリティクスやGoogleウェブマスターツールの連携がとてもスムーズになる裏技のご紹介です。Wordpressで新規サイトを作ったら、ぜひ実装してみてください。

 

Googleアナリティクスの設定をもっと楽に

昨日紹介した「ホームページ公開時、絶対やるべきこと」にトラッキングコードを各ページに埋め込むようにということを書きました。昔はページ下部の終了タグの直前に設置することが主流でしたが、最近では</head>の直前にコードを記述します(のちに解説するウェブマスターツールもこの書き方でないと認識してくれない場合があります)。Wordpressの構造を理解されている方は、FTP参照もしくは、「Wordpress管理画面」→「外観」→「テーマ編集」にある

header.php

に、googleアナリティクスで取得したトラッキングコードを追加で記述しますよね。そんな手間を省いてくれるのが「Google Analytics for WordPress」というプラグインです。

 

wp_plug1

 

Analytics profileにある「profile」で設定が簡単にできます。Googleアナリティクスのログインアカウントとの連携が求められ、「profile」にはログインアカウントで登録されているホームページの候補が出てきます。
その中から、データを取得したいホームページの情報に設定するだけでOKです。トラッキングコードもデフォルトでheader位置に挿入できます。

 

 

そして、googleアナリティクスのデータをダッシュボードで見られるというプラグインもあります。これもおすすめ。

 

wp-admin

 

 

 

Googleウェブマスターツールでサイトマップを登録しよう!

ウェブマスターツールでサイトマップを登録する方法をご存じでしょうか?私はお恥ずかしながら、ウェブページ用の作成したサイトマップを一生懸命登録しようとして、エラーが出ることがなぜだかわからなく、すっと苦戦しておりました。こちらはXMLでサイトマップを作成しています。そう、登録用のサイトマップはXMLでなければならなかったのです(笑)

サイトマップはRSSフィードのURLでも登録はできますが、その生成もしていない場合にはこちらの生成が便利です。このプラグインで作成されたsitemap.xmlファイルをサイトマップとして登録します。

なぜ、サイトマップをウェブマスターツールに登録するかといいますと、検索エンジンへのインデックスをしやすくし(どこにどんなファイルがあるか、増えたかをわかるようにしておく)、インデックスされるページ数をより多くできるといったメリットがあります。

活用するに越したことはありません!

 

 

分析ツールははじめの設定こそ面倒くさいものですが、この設定から数字の変動をみることで、いろいろなものが見えてきます。Wordpressでホームページを公開しているのであれば、ぜひこれらの設定をしてみてください。

 

それでは、ごきげんよう!